ビタミンc効果を実感できる化粧品|奇跡の部肌成分

化粧水を使うレディー

種類と使い方の注意点

頬を触る中年女性

成分をよくみて使う事

優れた美肌効果があり、美白系やアンチエイジング系、ニキビケア系など、幅広い化粧品に使われているのが「ビタミンc誘導体」です。ビタミンc誘導体は浸透力が高く、角質層の奥まで浸透して真皮に働きかける効果があります。沢山のビタミンc系化粧品があり、それぞれの化粧品でビタミンcの配合量や性質などが違います。ビタミンc誘導体が多ければいいというわけではなく、あまり多すぎると肌に刺激になります。ビタミンc誘導体は「イオン導入」にもよく使われています。しかし、イオン導入には、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤が入っていない、無添加の化粧品を使うことが大切です。防腐剤が入っているとそれらの肌によくない物質も一緒に導入されてしまうので注意が必要です。

効果と性質

ビタミンc誘導体には、「皮脂の抑制」「メラニンの抑制と還元」「コラーゲンの生成」「新陳代謝の活性化」「酸化防止」などの働きがあります。ニキビケア、ニキビ跡の改善、しわやたるみの予防、シミの予防やできてしまったシミの改善などができます。性質で分けると、「水溶性」と「油溶性」と「両用性」があります。水溶性ビタミンcは水に溶けやすいので化粧水によく使われています。油溶性ビタミンcはオイルに溶けやすいので乳液や美容クリーム系に多く使われています。両用性は水にも油にも溶けやすい最新のビタミンc誘導体です。浸透力に優れていて、イオン導入しなくても肌の奥まで浸透して、肌トラブルを元から改善する効果があります。